暑くなってきたら食べたくなるものといえば、アイスクリーム、かき氷、シャーベットなどの氷菓子がありますね。

 一口に氷菓子といっても歴史は古く約三千年前にも遡り、古代ギリシャ・ローマではとされ、疲れた体を癒す健康食品として食されていたそうです。

 健康食品と聞くと、つい沢山食べたくなってしまいますが、食べ過ぎるとお腹が痛くなったり、下してしまったり、さらには夏バテの原因になったり

 前回記しました讖緯説では、辛酉の年には社会的事件が起こり易いとされていますが、特に六十年毎に来る辛酉の年の二十一回目、年数で言うと一二六〇年を単位として、歴史的な大事件、大革命が起きるとされています。

 聖徳太子はこの説に基づき斑鳩に宮殿を建てた六〇一年から一二六〇年さかのぼった紀元前六六〇年を、初代天皇である神武天皇の即位の年としたのでした。

 時は経ち明治六年

 仏教で修行と言えば苦行はだめで「中道」が良いとされる。ではどの程度の修行が「中道」なのだろう。

 お釈迦様の弟子のシュローナは、まさに箱入り息子だったので外を歩いたことがなく、誰もができる軽く歩いてお経を読む修行をしただけで足が血まみれになった。その様子を見た釈尊は、度を超した修行は良くない、と声をかけたという。

 裏を返せば、全員に共通する「中道」はないのだといえる。