ある大きな森のお話。そこには様々な草花や木々が生い茂り、たくさんの動物たちが平和に暮らしていました。

 ところがある日、突然火事が起こりました。さあ大変。動物たちは一目散で森の外へ逃げ出します。でも草木は逃げられません。次々に焼かれて行きます。

 そんな中、一羽のオウムがまさに燃えさかる炎の方に向かって飛んでいくではありませんか。仲間は言いました。「オウムくん、そっちへ行ったら

 振り返るともう二年も前の話になる。私は大学四年間の生活を日蓮宗の総本山である、身延山久遠寺の寮で過ごした。今思えば大変貴重な経験をさせてもらえたと振り返ることができるが、当時の私はそんなことを考えている余裕はまったくなかった。

 毎日の勤行はもちろんのこと、広大な境内の掃除、諸先輩方からのたくさんの御指導など、、、そんな日々が休みなくほぼ毎日続くのである。そんな生活をしながら、お

 暦に縛られなかった有名な戦国大名といえば豊臣秀吉もその一人です。

 多くの合戦に勝利した秀吉は、暦をうまく扱っていたようです。

 天正十年(一五八二)本能寺の変で織田信長が倒され、姫路から京都までわずか五日間で行軍したとされる「中国大返し」の時の事です。

 軍師が姫路城から出陣する日は二度と帰ってこられない悪日だから止めるべきだと進言すると、秀吉は「私は主君信長公の為に討ち死

 星祭(ほしまつり)と言う単語を初めて聞く人は七夕のようなロマンチックなお祭りを思い浮かべるようだ。

 私も子どもの頃は、夜に行われるこのお祭りを、漠然となんだか素敵な名前のお祭りだなと思っていたが、実際に参加してみるとお経を読誦し続ける、とても渋いお祭りだ。

 当山では新たな季節が始まる節分の日に星祭を行うが、これは運命を司る妙見様を筆頭に様々な天空の神様を勧請して今年一年の厄