お墓参りに行く時はお花を持っていく し、お寺の本堂にもお花が飾ってある。このような仏前にお供えする花を供花という。

お供えする時、花を仏様か私たちの方か、どちらに向けて良いのか迷うかもしれないが、花の背をご本尊に向けてお供えするのが基本だ。そうすると、 花の表は私たちの方を向くことになるが、これにより私たちの信心はより高まるのだという。

お供えする花の種類に特に決まりはなく、全ての花は私たちを苦しみから救って下さるという仏様の心を表すと言われる。

なかでも「南無妙法蓮華経」のお題目にもある蓮華は特に良いとされる。

蓮華は泥の中にあっても汚れず美しい花を咲かせる。それは、私たちが住むこの泥沼のような世界にあっても、心清らかに生きていくことを説く法華経 の譬えでもあるからだ。