祈祷とは祈り、または祈ることである。

 日蓮宗においては、仏様やご守護神を信じてお題目や法華経を一心に唱え、請い願うことを言う。

 自分一人でお題目を唱えて祈っても良いし、お寺の受付で御祈祷を申し込んでもいいが、受付でお願いすればお上人が一緒になって祈りを捧げてくれ る。

 日蓮聖人も幼少の時「日本第一の知者となし給へ」と願を掛けられたのを始めとして、伊豆流罪の時に地頭の病悩を祈って快癒させたり、文永元年には 母の病悩を祈って延命させたこと等が有名である。

 当山は法華経の祈祷の効験を実感した能勢頼次の寄進によって建立され、眞如寺並びに能勢妙見山は能勢家の祈祷所として開かれて以来、四百年以上に 渡り御祈祷の歴史を刻んでいる。

 お詣りの際は、御祈祷を申し込まれることをお勧めする。