山のたより

能勢家文書

「信友」の「山のお便り」欄の記事を掲載しております。

 3月と言えばホワイトデー。近年、2月のバレンタインデーとセットですっかり定着しましたが、チョコをもらうのは嬉しくても、お返しを考えるのは悩みの種でもあります。

 価格もさることながら、その人の好みや年齢、家族構成など考え出すと、ちょっとしたお返しでもなかなか決まりません。

 日蓮聖人は、バレンタインではありませんが、ご信者様から御供養の品を頂いた時は、それぞれの相

 日本人は外国人に比べて虫の声を聴き取る能力が高いそうだ。実際、脳の動きを調べて見ると、外国人は音として虫の声を聞くのに対し、日本人は言語として認識するそうだ。

 さらに最近の研究で分かってきたことは、実はこれは日本人の特性ではなく、地域や人種に関係なく、日本語(とポリネシア語)を母国語として使っている人の特性だという。

 生まれつきでなく後天的な学習によって

 新年あけましておめでとうございます。

 毎年飽きずに同じ挨拶をしておりますが去年とは違う自分です。いろんな知識や経験が増え成長したなと思う反面体力は落ちていたり。それだけでなく体調やそのときの気分でも違う自分がいます。

 全てが変わり続けるこの世の中。仏教においては、生きている事それだけで素晴らしいのですが、その中で、もし誰かを助け、共に幸せになれればとても素敵なことで

 今月はいよいよ十二月、最後の月です。今年一年いかがだったでしょうか。今年の初めに立てた目標に届きましたか。

 目標を定めないと、同じ場所で足踏みしているだけになりかねませんし、かといって目標が遠すぎると気力が続かず途中であきらめてしまいます。

 仏教でも、成仏という究極の目標に向かうためには小さい目標に向かって一歩ずつ歩んでいくことを説いています。

 

 突然パソコンが故障した。全てのデータにアクセスできなくなり自分の目の前も真っ暗になっていく。なんとか気を持ち直してこの原稿を書いているが、買って一年経たないので、まさか壊れるとは思っていなかった。

 振り返ると人生も同じかもしれない。自分だけは大丈夫と思っていても必ず終わりはやってくる。

 日蓮聖人は「まずは臨終の事を習うてのちに他事を習うべし」とおっしゃ