山のたより

能勢家文書

「信友」の「山のお便り」欄の記事を掲載しております。

 滋賀県の商人を近江商人といい、「三方よし」の家訓が有名だ。

 三方よしとは「世間よし、売り手よし、買い手よし」のこと。

 この考えは、仏教の菩薩行に似ている。菩薩行の目標は皆の幸せの実現である。そのため自らは仏道を求め、他の衆生に対しては法を広め伝える。

 多少の違いはあれど幸せな社会の実現のため、どうすればお客さんが幸せになれるかを考え実践し、結果として自らも潤いを得るという考え

 みなさまご存じでしょうか。妙見山では送迎バスのサービスをしております。

 阪急池田駅のバス停西のりばから阪急バス「牧行き」に乗ると、終点から一つ手前に「妙見口」というバス停があります。  (能勢電鉄の妙見口駅とは異なりますのでご注意下さい)

 阪急池田駅からお電話を頂ければ、この「妙見口」バス停までお迎えに上がります。

 東京に全長十八メートルの等身大のガンダムができたそうです。

ガンダムとは今年で三十周年を迎える長寿ロボットアニメです。

 

 勧善懲悪なストーリーが多かった今までのアニメとは違い、敵味方お互いが自分たちの正義のために戦っているという、リアルな宇宙戦争のアニメです。

 一方の正義が、必ずしももう一方の正義や幸せと一致しないのは現実世界でもよくある話です。でも、お互いが我を張

 お寺とは何をしに行く所でしょうか。

 何をいまさらと思われるかもしれませんが世の中、色んな人がいるものです。

 例えば花見や紅葉狩りやハイキング、気分を落ち着けるため、建築の勉強、山登りのトレーニング、歴史を探るため、おいしい水を汲みに、まだまだ一杯あります。

 でも、大事なことはお寺は仏様が私たちを見守って下さるところだと言うことです。

 目的は色々でも、仏様とその