坂本龍馬は、実は仏教思想によって「日本を洗濯」しようとしていたらしい。先日テレビでそんな番組をやっていた。

 確かに、仏教や妙見さんの熱心な信者である勝海舟の愛弟子の龍馬が仏教に深く帰依していたとしても不思議ではない。

 龍馬は仏教の平等の精神を特に重視していたようだが、その仏教の中で、誰もが例外なく平等に成仏できると説かれているのが「法華経」だ。

 格差社会と言われる現代、本当の平等とはどういうものなのか、法華経の精神をいま一度かみしめたい。U.K