習慣は第二の天性なり、という諺がある。
習慣というものは、生まれつき持っている天性と同じように深く身についているものだ。

 筆者の祖父は、湯飲みにお茶を入れるときなど、逆さに返して中にゴミなどが入っていないか確かめてからお茶を入れるのが習い性だった。
ある時、水が入っているのに気付かずコップを逆さにし、テーブルが水浸しになり大騒ぎになった。

 悪い習慣は即刻改めるべきだが、良い習慣は自然の内に身を助けてくれるものだ。手を合わせ仏に日々感謝するなど、良い習慣を身につけたい。   K.J