いつも着ている服を普段着といいますが、「普段」という漢字は近年の当て字で江戸時代までは「不断」と書いたそうです。日常は絶え間なく続くことから「不断」とは言い得て妙です。

 逆に考えると「不断の努力」という言葉は何か特別な事を必死でやっているイメージが湧きますが、現在の普段に置き換えると、例え特別な努力であっても日常の習慣になるくらいまで努力するという芯のある力強い言葉に聞こえます。

 信仰も同じで、それが自然であたり前の習慣となることが大切です。U.K