大学の友人と久々に会った時、毎年冬はお寺に修行に行くのだという。よく聞けばそのお寺は私が以前お世話になった先輩僧のお寺だった。全然繋がりが無いと思っていた知人同士が実は知り合いであったことに驚いた。

 知人の知人を六人介せば世界中の人と繋がっているという説もあるようで、実は世間は狭いのかもしれない。

 人との繋がりを縁と言い、仏様に繋がっていく縁を仏縁と言う。

 都合が悪くなると縁を切りたくなるが、その先には仏縁があるかもしれない。その縁をもう少し手繰ってみてはどうだろう。 U.K