人の手が入っていない原生林において、森を形作る木の種類はあまり多くないらしい。関西では、標高が低い場所ではコジイ、中ぐらいはアカガシ、高い所の一部はブナになることが多いという。

 現在、多くの山は人の手が入り、建材になりやすいスギやヒノキの林になっているが、寺社仏閣など一部の聖域では原生林がかろうじて残っている。

 当山には、真如寺にコジイ、奥の院にアカガシ、妙見山にブナ林が今も残っている。環境破壊の進む今、多くの生き物を育む原生林を次世代に繋げていければと願う。  U.K