新連載「お寺の歳時記」です。本欄ではお寺の様々な行事や習慣を紹介します。

花祭りとは、お釈迦様の誕生日を祝うお祭であり、釈尊御降誕会とも言う。

釈尊は四月八日、花の咲きほこるルンビニ園でお生まれになった。その時龍が産湯の代わりに天から甘露の香水を降らしたと伝えられている。

現在では、ルンビニ園の花園にちなんで花で飾り付けた花御堂に、生まれたばかりの仏様を表す誕生仏を安置し、甘露の香水に代わりに甘茶をかけて供養するようになった。

また誕生仏の姿は産まれたばかりの釈尊が七歩あるいて天地を指し「天上天下唯我独尊、三界皆苦我当救之」と唱えられたことを表している。

先の見えない中で迎える新年度だが、全ての人の幸福を願うお釈迦様の教えを、今こそ実践してゆきたい。