椿 お彼岸にはお墓参りをされる方も多く、お寺でも彼岸会を行う。では彼岸会とはなんだろう。

 ちなみに彼岸は春と秋に二回あり、それぞれ春分の日と秋分の日を挟んだ前後三日の計七日間ある。また彼岸とは此岸の逆で、此岸とは現世の苦しみの多いこの世で、彼岸とは生死を離れた平安な涅槃の世界、悟りの境地の事をいう。つまりお寺で行う彼岸会とは彼岸に渡るための法要の事だ。

 日本で彼岸会は平安時代から行われており、今ではすっかり定着しているが、どうしてこの風習が生まれたかは諸説ある。春分の日と秋分の日は太陽が真西に沈むため西方浄土に通じるとする説。天の神様が私達の善悪を校量する日という説、日本人の太陽信仰から来ているという説などだ。

 いずれにしても、ご先祖様と私達が彼岸に渡れるよう、しっかりと仏様に祈りたい。