十一月は全国的に七五三の御祝いが行われる。七五三で対象となるのは三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子だ。それぞれここまで無事成長できたことを守護神様に感謝し祝う行事である。

 昔は医療も現代ほど進んでいなかったため、幼くして亡くなる子も大勢いた。そのため、節目の年に神仏に感謝すると同時にこれからも護って頂けるよう祈りを捧げ厄払いを行った。

 七五三というと千歳飴をイメージする方も多いと思うが、これも子の長寿を祈って細く長く作られた飴で、縁起の良い鶴亀が描かれた袋に入っていることが多い。

 昔は暦の上で日がよいため十五日に行っていたが、現在では十一月中であれば特にこだわりなく行うことが多い。また、年齢も以前は数え年であったが、近年は満年齢でお詣りに来られる方もある。