十月十三日は日蓮宗にとって最も大事な行事の一つである御会式が行われる。御会式とは一般的には法要全般を指すが、本宗では特に日蓮聖人ご入滅の法要の事をいう。この日、本宗の寺院では全国的に御会式が厳修されるため御会式は十月の季語にもなっている。(旧暦に則り月遅れの十一月に行うお寺も多い)

 日蓮聖人は東京池上本門寺でご入滅されたため本門寺の御会式はとりわけ盛大に行われる。特にお逮夜の十二日には万灯行列や団扇太鼓で唱題する人でごった返し、池上の駅を下りると身動きも取れないほどだ。

 また、日蓮聖人ご入滅の時に季節外れの桜が咲いたことからこの日に御会式桜と呼ばれる造花を参詣者に配るお寺も多い。

 池上に赴いて日蓮聖人の息吹を肌で感じるもよし、菩提寺で静かに聖人の御威徳を偲ぶのもまたよい。