三歳になりいろんな事が少しずつ自分で出来るようになってきたばかりの子供がまだ何も分からない一歳に満たない子供に向かって何かを教えている。

 影からそっとのぞいてみると、どうやら積み木の積み方を教えているようだ。上の子は積み木を積み上げることが面白いのでどんどん積み上げていくのだが、下の子は何が面白いのかさっぱり分からない様子で、最初はきょとんと見ていたが、結局積み木をぐちゃぐちゃに

 先日、久しぶりに実家へ帰った。その時の出来事である。母親の日課の一つに毎朝、空き瓶を持って近所の牛舎まで生乳を分けてもらいに行くことがある。

 私も出かける用事があって生乳をもらいに行く母親に同行した。牧場に着くと道路の左手に牛舎があり、右手には畑があった。その畑の手前に大きな緑色のプラスチックカプセルが二台置いてある。このカプセルには通気口のようなものが両脇に開いており、正面には

 四月になり、随分と春らしい陽気になってまいりました。この季節は年度替りということで入学、入社など新生活をスタートさせる人も多い事でしょう。新たな気持ちになるこの季節にはぴったりです。

 新生活といえば、実家を出て一人暮らしを始める方もいると思います。一人暮らしを始める時は、嬉しさや希望といった何かワクワクした気分になるものです。

 先日新聞に、一人暮らしを始めた人のア

 能勢の地にも、春の足音が聞こえつつある今日この頃です。

 三寒四温などと言いますが、先日温かくなったと思いストーブを片付けたら、次の日の気温はマイナス三度で慌ててまた出してきたりと、先の読めない毎日が続きます。でも必ず春はやってきます。

 同じように先が見えないのが人の世です。

 日蓮聖人は「冬が必ず春となるように、法華経を信じる人は必ず成仏する」と説かれています。…